Contents水道は人間が生活するうえでの重要システム

生活の水道についてのお話

生活するにおいて水道とは、とても大事なものだと思います。
じしんで水がでなくなった時期があったのですが、茶碗も洗えないし水も飲めないし、トイレも流せない、お風呂も入れない、とにかく水道って大事だなと思いました。
トイレなんか毎日流さないと異臭がしてくるので、近くのイドみたいなところから水を汲んで何往復もしました。
昔は、汲み取り式だったから臭いもすごかったし不衛生でしたよね。水道が通ったことによってかなり不衛生じゃなくなったし、臭いも気にならなくなったことと思います。
水道は、生活にならなくてはならないものだなと、つくずく思いますね。

震災で水の大切さがよくわかりました。
茶碗も水を汲んできて洗っていたのですが、とにかくバケツ何杯分も必要で、しかも水道から水を出すことはできないので、茶碗洗いは二人係で毎日おこなっている状態でした。
お風呂なんかも、バケツに何十杯と往復して、やっと半分みたいな状態でしたね。ですから、水道がそれぞれの場所についていて、しつような時にすぐに使えるっていうことは、とにかく便利で素晴らしいことだと思います。
昔の人は、洗濯とかも大変だったと思います。
とにかく家事に追われる毎日だったことと思います。
そう考えると、今の時代はとにかくらくなんだなとおもいます。
水道がなかったら今の世の中どうなっていたことでしょう。なんて想像するととても恐ろしいことなんじゃないか、と一人で思ったりしています。

生活・生活を良く聞くなと思ったら調べましょう